アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
September 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
背中

しかし、それはもはや昔の話です。
脱毛器具、技術は進化しており、皮膚へのダメージは大幅に軽減されています。
ですから、デリケートゾーンを含めた全身脱毛も大いに可能となっています。
また、医療脱毛である事も安心感を与えます。
医療脱毛とは医師の資格を持った者しか行えない脱毛の事であり、医療機関ではないエステ等では行えない脱毛の事です。
例え危険があっても医師が行う施術ですから、エステ等の施術よりも信頼できます。
仮にトラブルが発生したとしても、医療機関ですからアフターケアは万全です。

脚

全身脱毛の方法は色々とありますが、最も効果的は全身脱毛はレーザー脱毛です。
レーザー脱毛とは、レーザーの光を皮膚に照射してムダ毛を脱毛する脱毛方法です。
レーザーの光は黒色にだけ吸収される波長になっています。
ですから、皮膚に照射しても、毛根部の黒い色素(メラニン)に光が吸収されます。
レーザーの光が吸収されると、そこで熱のエネルギーに変換され、その熱のエネルギーが毛根の周囲に存在しているムダ毛を発生させるもとになる毛乳頭や毛包幹細胞といった組織を破壊します。
これが、レーザー脱毛のメカニズムです。

メリット
メリットは、ムダ毛を発生させるもとになる組織を破壊しますので、永久脱毛の効果が期待できる事です。
また、一度に広範囲を瞬時に脱毛できますので、効率的、且つ、スピーディーである事もメリットとして挙げられます。
レーザー脱毛の料金は全般的に高く設定されていますが、永久脱毛が期待でき、少ない回数の施術で済みますので、トータルでみれば安上がりです。
但し、注意点もあります。
レーザーの光は強い威力を持っています。
黒色にだけ吸収される波長になっていますが、皮膚の上から照射しますので、皮膚にダメージを与えてしまう危険性があります。
従って、デリケートゾーンを含めた全身脱毛には不向きです。

脱毛

医療脱毛は、医療機関で行う脱毛であるということを言いましたが、医療脱毛でないと言って、非医療機関の脱毛が全然ダメということではありません。
近年、脱毛機器の発達により、広範囲の脱毛を短時間で処理することができるようになりました。
その為、全身脱毛などは、医療脱毛よりも早く、安価に施術が完了する。
というケースもあるようです。
永久脱毛では、ないとは言え、ある程度の効果の持続性はあります。
ご自分の予算と、時間とを考慮した上で、非医療機関の脱毛を検討する余地は充分あると言えます。

脱毛治療に飲用薬
近年の脱毛業界に於いて、大きな変化が起きています。
医療機器の進化もあげられますが、薬を飲用して、発毛を抑えるといった施術を受ける方が増えています。
薬というのは、女性ホルモン系の薬を飲用するもので、男性にとっては、髪の毛の発毛効果と、体毛の弱体化という効果を得ることができます。
最近の女性ホルモン剤は、安全性に優れ、ジェネリック医薬品が多く取り扱われるようになった今日では、安価で手軽に入手することができます。
ネットなどで、偽物を購入する危険性を感じる方は、医療機関で相談することをお勧めします。